【歯科医院通院記録】メンテナンスと口内炎相談

2020年10月06日、午前中、定期的な歯のメンテナンスのため、歯科医院へ行ってまいりました。


今回は、歯のお掃除&歯のチェックのみならず、気になる口内炎についても、診てもらいました。


コロナ対策のため、カードや保険証を出した後、アンケートに答えるようになっておりました。



★診察内容★


歯科衛生士さん「〇〇さん」


私「はい」


歯科衛生士さん「そちらにお座り下さい。最初に口の中を殺菌して頂きます」


通常は水が出てくるところから、最初うがい薬のような液体が入った物が、出てまいりました。


私「今ちょうど痛くない口内炎ができてまして、約2週間前から...そこも診てもらいたいのですが」


歯科衛生士さんが確認、医師に相談。そして医師も確認。


医師「癌ではない!悪いモノではないです!自己免疫疾患か感染症か...」


明るく元気のいい医師なもんで(笑)


癌や悪いモノではなく、自己免疫疾患か感染症(カビ)かと、リサーチ済みで知ってます(笑)


私「東北ルーツなんですが、ベーチェット病(自己免疫疾患)の可能性ありますよね?」


医師「ベーチェット病なんですか?」


おいおい、ちゃんと聞いて下さい(笑)


私「いえ、違いますけど...ベーチェット病にも、こういうのが出来るんですよね?」


医師「はい。可能性はあるかもしれないですね。とにかく次回に精密検査をして、その結果どうなるかって感じですね。癌ではないです!悪いモノではないです!」


それ2回目だから(笑)しかも自分で知ってるし(笑)


歯科衛生士さん「精密検査の結果次第では、口腔外科への御紹介となりますね」


え?ここで治療は無理なの?!診察内容に『口腔外科』とありますが?!親知らずだけですか(汗)


私「口腔外科...」


つい、呟いてしまった(笑)


口内炎の写真を撮り、その後いつも通り、歯のお掃除とチェックをして頂きました。


今回ちょっと痛みが(汗)出血しやすい部分も多かったようです。歯間ブラシ丁寧にしなければ!


次回は来月...来月まで口内炎このままなんですけど(笑)


他の口腔外科へ行けば、サッサと診てもらえるのでは...と...思ってしまった私なのでありました。



※先程、自分の口内炎に、最も近い口内炎の画像をリサーチしてみましたら、『粘液嚢胞』ですね。袋状で、中に液体のようなモノが入って、膨らんでいる感じでございます。


もし精密検査の結果、他の口腔外科への紹介がされるのであれば、ベーチェット病の可能性もありますし、甲状腺ホルモン関係も気になっておりますし、近くの口腔外科もある『大きな大学病院』にしてもらおうと思います。


そこならば、当然てんかん治療もしていますから、脳や脳波も正確に診れる医師がいるでしょうし、最新医療機器MEGも置いてあるはず=私の特殊なバージョンの片頭痛もキチンと診てもらえます。


現在通院している脳神経内科は、今住んでいる所からは歩いて行けませんので、必ず主人に車で連れて行ってもらわなければいけない状態なのです。


その近くの大学病院は、紹介状がなくても診察はしてもらえるのですが、その分、有料になります(笑)だから、ちょうどいい。


どうせなら大学病院へ紹介して頂いて、そこで全てを、診てもらえるようにしようかと思います♪アチコチ行くの、最初から説明するのも、面倒くさいですしね(汗)



★おわりに★


九州大などの研究チームが『歯周病菌が体内に侵入し、認知症の原因物質が脳に蓄積して、記憶障害が起きる仕組みを解明』いたしました!

『歯の状態というのは、脳のみならず、体の状態にも繋がる』のです。


定期的な歯のメンテナンスは無理だとしても、毎日『歯間ブラシ+歯磨き』で、丁寧に歯磨きすることは、とても重要でございます。


歯を大切にして下さいね。

0コメント

  • 1000 / 1000