【DNA】ミトコンドリアハプログループのM系統とN系統

★はじめに★


人類はアフリカで誕生し、そこから『アジア人のM系統』と『アジア人+ヨーロッパ人のN系統』にわかれて、日本へ渡ってきたといわれております。


現代日本人には『アジア人のM系統グループ、D系統が多い』です。このD系統が、皆様が想像する通りの弥生系渡来人でございます。


こないだ読んだDNA関係の本で、ミトコンドリアハプログループの簡単な系統図を拝見したのですが、あることに気付きました。


少々古い系統図なのか、なぜか残念ながら、私のミトコンドリアハプログループN9系統については、載っておりませんでしたが...



★M系統グループ★


【アジア人のみを含む系統】

・ニューギニア

・オーストラリア

・エベンキ

・ブリヤート

・キルギス

・ワラオ

・インド

・中国

・イヌイット

・グアテマラ

・日本2つ



★N系統グループ★


【アジア人とヨーロッパ人を含む系統】

・チュクチ

・オーストラリア2つ

・中国

・ビマ

・ウズベキスタン

・サモア

・朝鮮

・ニューギニア3つ

・イタリア

・ジョージア

・ドイツ

・サアミ

・英国

・クリミア

・オランダ

・フランス



★気付いたこと★


韓国人のルーツは『エベンキ族』であると、ネット上の情報では、よく目にするのですが...M系統グループをご覧になって下さいませ。M系統グループの方に『エベンキ』があるのです。


そしてN系統グループをご覧になって下さいませ。N系統グループの方に『朝鮮』とあるのです。


系統が違うのにルーツ...なんてことが、あるのでしょうか(笑)


まぁ、同じ大陸内なので、現代韓国人にエベンキがルーツの方もいらっしゃるのでしょう...もしかしたら、そちらの方が現代韓国人には多いのかもしれません。


しかし、この系統図からしますと、むしろ現代日本人に多いM系統グループの方が、エベンキに近いということになりますね。


N系統グループの朝鮮についてですが、確かに何かのDNA関係で得た情報によりますと、『現代日本人よりも縄文系に近い部分に存在』しておりました。


縄文人・アイヌの祖はN9系統ですから(M系統グループの一部にも縄文系はいますが)、この系統図とも合ってはいるんですよね。


それについては、『実は韓国人にも縄文系の遺伝子を持つ人達が存在』しておりまして、その人達を対象にしていたのかもしれません。少数ですがね。


『韓国人は日本人よりも白人に近い』という情報もありますが、それは、この『N系統グループ』に属する韓国人がいるからなのだと思われます。日本人にもいますがね...ここに(笑)



それからN9系統ほぼ東北人の私が、前々から容姿的にも東北人に似ていて、親近感を感じていたブリヤート人。なんとM系統だったのです!


しかし、これは多分ですが、現代ブリヤート人と、元々のブリヤート人は違っているからかと思われます。現代では白人系も混じっているので、そちらのブリヤート人の方に親近感を感じていたのだと思われます。



それから私が過去ブログで記事にさせて頂いた、映画『サーミの血』のサアミ、こちらがN系統!


サアミの歌『ヨイク』が、アイヌの歌によく似ていましたし、雰囲気的にも何となぁ~くですが、アイヌ同様、サアミにも親近感を感じておりました。


まさに私と同じN系統グループであったのです!この子が可愛いのです♪


★おわりに★


DNAは凄く面白い(笑)


このような内容に、ついてこれていますかね?チンプンカンプンで引かれてないですかね(汗)


身内には、引かれている気がします(笑)

0コメント

  • 1000 / 1000