【週刊愛犬】新たな粉瘤(?)長時間の『マテ』を練習中

★はじめに★


こちらの記事は、2020年10月26日~2020年11月01日までの、愛犬の日記でございます。



★日記内容★


「尻尾の粉瘤が消えた」思ったら、今度は、『左前足に粉瘤らしき膨らみ』を発見いたしました(汗)


どうやらシーズーには多いようですね。正確には『表皮嚢胞』と、いうようでございます。


気にする様子もありませんし、とりあえず様子を見ておいて、また何か動物病院へ行く用事が出来た時にでも、ついでに診てもらおうと思います。



そういえば昨日ペットショップへ、オヤツを入れる玩具を買いに行き、ついでに犬や猫を見てきたのですが、シーズーの子犬と中型犬の子犬(結構な大きさ)が、同じケージに入れられていました。


中型犬の子犬は人懐こくて元気で可愛いのですが、シーズーの子犬にちょっかいを出して、しかも首をめっちゃ噛んでいたんですよ。遊んでいるようには見えない噛み方でもありました。下手したら殺される可能性もあるので、見てるこっちは、ヒヤヒヤ...(汗)


そしたらシーズーの子犬が怒りまして(普段は大人しいけど、怒ると気が強いシーズー)「ワンワン」吠えていたら、喉が渇いたらしく、水を飲もうとするのですが...


その時にも中型犬の子犬が邪魔をするのです。やんちゃないじめっ子(汗)


しかも、それだけではなく、様子が変だなぁ~と思い、ケージの水を確認しに行きましたら、水じたいが空っぽでした。


...とりあえず中型犬の子犬に対して...


私「駄目。仲良くしなさい」


と注意をしてみたところ...なんと素直に理解したようで、大人しくなりました!私は動物と会話ができるようです(笑)


そして店員さんに、こう伝えました。


私「すみません。ちょっとこの子(シーズー)が水を飲みたがってるんですけど、空っぽなんです。それから、この子達、喧嘩してますよ(笑)」


『せめて小型犬の子犬は、小型犬同士にした方が、安全だし、ストレスも少ない』というのを、遠まわしに伝えたつもり。


多分シーズーは友好的で大人しいから大丈夫だろうと、中型犬の子犬と一緒にされたのでしょう(汗)


その近くのケージには、他の小型犬マルチーズやヨークシャテリアやチワワなどが一緒に入っていましたから...


店員「あぁ~、すみません(笑)ありがとうございます」


そうして、水だけを入れて終わり(汗)


しかも水の設置位置、中型犬の子犬に合わせあるからか、少し高いんですよね。シーズーの子犬も飲めないことはなさそうですが...これでは高くて飲みにくいだろうという位置。


せっかく伝えたのに...あの後、無事に水が飲めたならいいのですが...もう少し『動物の身になって、仕事をして欲しい』ものです。


私がペットショップで働きましょうか!(笑)



★インスタ★

マラセチア皮膚炎&アトピー性皮膚炎なので、コラージュフルフルでシャンプーし乾かした後に、耳の毛は後の方に結ぶようにしました。

耳の毛が完全に乾いてないまま、そのままにしておくと、フケが出やすいような気がするからです。逆に乾かし過ぎても駄目な気がするのですがね(汗)

これまでも短時間のマテであれば出来てはいましたが、1分間はさせたことがなかったので、してみたら出来ました!お次は3分間にチャレンジしようと思います。


これで完全に長時間のマテが出来れば、少しは分離不安状態も改善されるかな?と思います。



★おわりに★


日々、成長しているギズモ。


食いしん坊だから、無理だろうと諦めていましたが、『やれば出来る子YDK』でございました!


そこも飼い主と同じ(笑)