【週刊愛犬】犬の散歩中は声をかけられる確率が高い

★はじめに★


こちらの記事は、2020年12月15日~2020年12月23日までの、愛犬の日記でございます。



★日記内容★


私は10代の頃からのアルバイトも含め、『色々な人間と接する仕事をしていた』影響なのでしょうか?犬を飼う前から、1人で出掛ければ、必ずといっていいくらい、誰かから声をかけられます。


きっと地位・年齢・性別・国籍など、他の日本人よりも気にせずコミュニケーションができますので、『壁が薄い、もしくは無い(笑)』ため『話しかけやすい雰囲気』を持ってるのだと思われます。


...それが...


犬を飼ってから、更に増えました(笑)



華僑(中国から海外へ移住した裕福な人達)は、よく犬を飼っているそうです。


...それは...


ただ単純に犬好きが多いということもあるでしょうけど、『犬を飼うメリットが大きいことを知っている』からですね。


『可愛いだけではなく、散歩も必要なので、人間が”動物らしく生きる”上でも健康的』になれます。


そして犬の散歩をしておりますと、『普段では会話することがないであろう全くの他人』とコミュニケーションすることが多々あります。


そう、『出逢いが多く必ず会話ができますので、”ビジネスで大切な人脈も築きやすい”』のです!



そういったことを知っていたので、覚悟はしておりましたが...多国籍過ぎますわ(笑)


アフリカ系・インド系・中国系...そして今朝は、ネパール系のイケメンでした。


イケメン「ちょっとすみません。ここって、どこにありますか?」


某病院の名前が書かれた紙を見せてきました。もう少し先にある病院でした。きっと私に聞く前、コンビニで聞いて、紙に書いてもらったのでしょう。


私「あぁ~、ここずぅ~っと真っすぐ行って、右。 Rightね」


イケメン「この先に信号あるジャン?それより先?」


ジャン?ペラペラそうジャン!英語必要なさそうジャン(笑)


私「そう、信号より先で、右にあるの」


イケメン「ありがとう!」


そうして病院へ向かって行きました。


健康そうでしたが...そこで友達が治療でもしていて、何だかの助けにでも行くところだったのでしょうか...結構、日本語が上手でしたから。


この日本では、日本語ができないと、かなり生きにくいことでしょうね(汗)



★インスタ★


★おわりに★


帰宅し、しばらくして鏡で自分の顔を見たら、オデコにポツンとあったニキビから流血、かたまっておりました。


「いつから?!」と声が出てしまいました。


イケメンと会話していた時もだったら、最悪(汗)

0コメント

  • 1000 / 1000