【ルーツ】本当の桃太郎伝説による『桃太郎と鬼の正体』

★はじめに★


鬼が出てくる物語といえば、桃太郎伝説。


...なので...


鬼とも呼ばれた先祖=エミシ(縄文人~縄文系)について調べている私は、前々から『桃太郎伝説の真実』が気になっておりました。


...たまたまなのですが...


2020年12月25日、BSフジにて『藤井フミヤスペシャル 岡山で観た。本当の桃太郎伝説!』という番組が放送されていたので、観てみましたら、興味深い桃太郎伝説の真実を知ることができました。



★本当の桃太郎伝説★


どうやら時代や背景により、伝説が変化していったようでございます。


1.最初は『桃太郎と鬼の友好の伝説』だったそうです。


2.次に神道色が強まってから、『自分達とは違う者=鬼』となり『鬼退治の伝説』に変化したそうです。(もしかしたら神道という宗教心から差別が生まれてしまった...とも...言えるかもしれませんね)


3.その次に『桃太郎をヒーロー化させた伝説』に変化したそうです。


4.明治時代から、現代で知られているような『国民のヒーロー伝説』に変化したそうです。(徳川家が子供のために、桃太郎伝説を絵巻にした背景というのも、関係があるそうです)



★桃太郎と鬼の正体★


桃太郎ゆかりの地は、岡山県・香川県・愛知県・奈良県等、日本各地に存在しているのですが、その中でも、全国的に有名なのは『岡山県』なのだそうです。


古代『吉備国』でございます。



【桃太郎の正体】

実は『皇族』であり、『吉備津彦命』でございます。


...なんと...


エミシの朝廷側の先祖ともいえる『孝元天皇』の兄弟!桃太郎も、私の先祖ということになります。


※安倍一族は、『阿倍比羅夫を祖とする一族で、孝元天皇からなる家系+エミシの祖である安日彦の家系によりなる』とも言われております。



【製鉄技術】

吉備国は『農業と製鉄』で栄え、鉄は『武器ではなく、農具のためであり、平和国家』だったようでございます。


鉄は『6世紀後半』から取れたようで、大和(現在の奈良県)が鉄を要求していたそうです。



【鉄の神様=鬼の正体】

温羅(うら/おんら)でございます。

異国(朝鮮半島の百済)からの渡来人。製鉄技術をもたらし、鬼ノ城を拠点とし、一帯を支配していたようでございます。


奥様が『阿曽媛』...『曽』は『蘇』でもありますが...エミシ『阿蘇部族』その南下による移動が関係しているとされる九州の『阿蘇山』と共通している名前!


岡山県にも『阿曽』という地名がありますが、その地と関係しているようでございます。


【鬼ノ城について】

『白村江の戦い』が関係しているとのこと。

安倍一族の祖ともいわれる、安倍比羅夫が指揮官でございました。



鬼ノ城は、7世紀後半に建てられた『朝鮮型の城』であり、それには『百済人の指導』があったようでございます。


★おわりに★


「最初の...本当の桃太郎伝説は、どのような内容だったのだろう?」とリサーチしたところ、発見!


...多分...


『吉備津彦と温羅』(?)

桃太郎が鷹!安倍一族の家紋は『鷹の羽』でございます。


※2020年12月26日16時00分~16時55分まで、同じくBSフジにて『藤井フミヤスペシャル3 かぐや姫 本当の物語』が放送されます!こちらも気になっております。


なんせ『かぐや姫』には『阿倍御主人』が登場しますからね。


0コメント

  • 1000 / 1000