【予言】福島県沖地震について

★はじめに★

私が何気なく発した言葉。それが後に『予言だった』ということが多々ございます。


★予言内容★

【2020年12月21日】

ブログ記事内にて「こないだから私は『福島県の地中が気になっております。新たに乱れた地が増えたこともありますし、忘れた頃に大きな地震が発生する可能性が高まった』かもしれません。

(『荒ぶる神が怒ってしまった』かも...前から愛読して下さっている読者様・クライアントなら、この言葉で察せますよね?

残念ながら、そのような出来事があったのです。気質の違う福島県民のせい)」(←私は『いわき気質』ですが、『原発付近の人達は気質の違う方々が多い』ため、このような言葉となっております)


こちら証拠→『【実録・一応一致】2020年12月21日の天変地異予測』



★予言一致★

【2021年02月13日】

23時07分頃→福島県沖を震源とした、M7.3の災害レベル、大地震が発生してしまいました。宮城県と福島県で震度6強を観測いたしました。


詳細こちら→『福島県沖地震』


★おわりに★

再び、東北で災害レベルの大地震が、発生してしまいました。

被災された東北の方々には、心から、お見舞い申し上げます。

※まだ落ち着いていない方もいらっしゃる中で、このような内容を投稿することになりまして、大変申し訳ございません。しかしながら、事実は事実でございますので、どうかご了承下さいませ。


【関連記事】

こちら→『怒らせると災いが起きる』

0コメント

  • 1000 / 1000