【動物病院通院記録】2021年の狂犬病予防注射・フィラリア予防薬

2021年03月12日、前足のカサブタと肩のシコリの再診ついでに、狂犬病予防注射とフィラリア予防薬を処方して頂きに、動物病院へ行ってまいりました。

...すると...

待合室でギズモが苦手な、「ワンワン」吠える、チワワのモモちゃんとご対面。


久しぶりに見たら、ロングチワワだったようで毛が長くなり、全体的に大きくなっていて、チワワには見えなくなっていたので、私も最初は気付かずに驚いてしまいました。

私「モモちゃん?!大きくなって!!」つい本音が...

モモちゃんママ「そうです。前にシーズー飼ってたんですけど、その仔だと思ってるのかも」


ギズモを飼う前、ちょうど犬を飼いたくてたまらなかった時、買い物の帰り道、散歩中のシーズーに振り向かれ、ご挨拶されたことがあり、その事について、ブログ記事にしたことがあります!

「あのシーズーの飼い主、モモちゃんママだったのか!」と、そこで気付きました。


そのシーズー、亡くなってしまったそうです(涙)おまけにモモちゃんとモモちゃんママ、同じ敷地内の別の建物に住んでいるようです。さすが犬猫OK物件(笑)

新たな住人も、そのような飼い主ばかりであれば、平和になるのですが...


★診察内容★

獣医師さん「ギズモちゃん」

私「お願いします」

獣医師さん「どうですか?」


私「カサブタはなくなりましたが、シコリが大きくなっているような...どうですかね?」

ギズモ興奮で、尻尾フリフリ、獣医師さんに愛嬌を振りまく。

獣医師さん「よしよし。あぁ~、硬くなってる感じですね。1か月後くらいに、また来てみて下さい」

私「はい。それとフィラリアの薬なんですが、ノミ・マダニのと一緒になって、1つになっている薬があるのですか?」

獣医師さん「はい、あります。でも2倍くらい高くなるんですけどね。1か月2000円くらい」

(6月~11月まで12,000円くらい。フィラリアのみであれば1000円くらいなので6000円くらい)


私「この仔はアレルギーあるので、ノミ・マダニのと一緒の薬がいいですかね?」

獣医師さん「ん~、ノミがいたりしたことがあればって感じですかね。草むらにいるので、草むらに入らないようにすれば大丈夫ですが、飼い主さんに任せてます」

私「一度だけノミがいて、私も痒くなって、それからは草むらは避けてはいますね。2倍かぁ~、じゃぁ、いっか(笑)いつものでお願いします」


(後で思い出しましたが二度いたわ。それ以来いない)

獣医師さん「じゃぁ~、お預かりして、フィラリアの検査と狂犬病の注射を一緒にしちゃいますね」

そうして待合室で待つ私。


しばらくしてフィラリアの検査で、大丈夫だったと判明。ギズモも私のところに帰ってきて、毎度お決まり、私の耳をハムハム(汗)

ギズモを連れてきた受付の方「元気ですね(笑)」

私「はい。お転婆でもあって(笑)」


※今回のお会計11,000円くらい。サービスで検査費用を安くして下さっていたのですが、保険50%は引かれていなかったと後で気付く。

お会計時、受付の方と会話をしながらだったので、忘れてしまった?私が保険のカードを渡し忘れた?去年の明細を確認したら引かれているので、渡せば50%引かれると思ったのですが...

でも去年の合計金額と比べたら、1000円くらい高いだけだから、まぁ~いいか。


★インスタ★

右上のフィラリア予防薬は、オヤツみたいな柔らかい物なので、食いしん坊なギズモもペロリ(笑)


★おわりに★

シコリ、表皮嚢胞なだけで、何ともないといいなぁ~...1か月経っても変わりなかったら検査したり、中の液体を抜いたりとか、何かしてくれるのかなぁ~?

『なるべく痛くない治療を心掛けている動物病院』なので謎。

こないだの尻尾の時は、気になり過ぎて、前の動物病院で検査をしてもらい、その時ついでに袋を取ってくれたようで、消えましたが。

(そちらは院長先生以外、若い獣医師さん達がいて、シッカリ検査する感じなので、その分お高い)

表皮嚢胞、シーズーには多いようです。

0コメント

  • 1000 / 1000