真似

人間は子供の頃から『真似』をするものです。


先人を真似することから、何かを得て、学び、知り、成長し、新たな物を生み出すことも出来ます。




たまに真似をされて、嫌な気持ちになることもあるかもしれません。


でも、そこで、いちいち腹を立てているようでは、精神的に未熟な証拠です。




真似をされるということは、それだけ真似をする人間よりも、優れている証拠です。


そして一応、優れているのを認めてもらえているわけです。


ならば、その真似を『上手に利用しよう』と考えられれば、こっちのものですね。

0コメント

  • 1000 / 1000