海外の科学者達『2018年は大地震が倍増と予測』

海外の科学者達が『2018年は大地震が倍増する』と予測している。


地球の自転速度の低下により、赤道が微妙に収縮、構造プレートが押し合いになるからだ。


『2018年は少なくともM7.0以上の地震が2017年の2倍以上発生する可能性がある』


コロラド大学で地震の研究をしているビルハム氏は


『2018年から2021年の今後4年にわたって毎年平均20回の大地震が発生する』


と見ている。


記事→『BUSINESS INSIDER JAPAN』


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


2017年に、私と相談者様の2018年の運勢を占術した結果にも『地震』に関するキーワードが出ていました。


私のには『4月』、相談者様のには『5月』にありました。


なので「2018年は震度3以上の大きめ地震が起きやすいのかなぁ~」と思っておりました。


...案の定...


2018年になってから『大きめ地震や火山噴火』などが増えております(汗)


東日本大震災以降、不謹慎にも地震を予知(?)している人達や、日本の地震研究家の予測ですと『数打ちゃ当たる予知(予測)ぶった情報が多い』


...なので...


信憑性に欠けるのに、まんまと騙され踊らされている人達も多い、情けない現実がある。


...しかし...


海外の科学者達が『警鐘を鳴らしている』とすると話は別です


地震研究は海外の方が進んでいます!


なので今から備えておいた方がよさそうです。


レラ・キャッスル公式サイト

知る人ぞ知る タレンテッドのアーティスト

0コメント

  • 1000 / 1000