言い訳はしないこと

悪いことをしたという自覚があるのならば、『誠実な謝罪』だけすべきです。


余計なことは言わない方がいいですね。


悪いことをした人間が、何を言ったとしても、ただの『言い訳』でしかありません。



言い訳というのは、『自分のため』を考えているからこそ出てくるものです。


『自分の将来のため、自分に同情してもらうため、自分を許してもらうため』



どこまで自分に甘いのでしょうか。どこまで狭い視野で、自己中心的な思考なのでしょうか。


だから間違いを起こし、自分が謝罪をしなければいけない状況になるのです。