天眼石(てんがんせき)/チベットアゲート

『瑪瑙(めのう)/アゲート』の一種。  バンデッドアゲート、アイアゲートとも呼ばれる。


チベットの地表から発見されたことにより『天から降ってきた神の眼』という意味を込めて名付けられ『神聖な石』とされてきた。 


 古くからチベットでは、法具や護符として使用されてきた。 ダライラマ14世がノーベル平和賞を受賞した際、授賞式の時に身に付けていたことで、大きな注目を集めた。


 『邪気払い・魔除けの石』と言わている。元々、眼ような模様じたいに魔除けの力があると言われている。厄除け(災難除け)等のお守りに最適。古代の人達は、良くないモノを遠ざけることが出来ると信じていた。  


『願望達成・成功するためのサポート』をしてくれるとも言われている。 


古くから中国では、非常に人気が高く『強運・財運を招く石』とされ、珍重されてきた。


英名=Eye Agate 

和名=天眼石 

硬度=7 

浄化方法=水・日光浴・月光浴・クラスター・セージ ・塩

産地=アフリカ・中国・チベットなど

0コメント

  • 1000 / 1000