【南海トラフ地震情報】専門家「近付いている」

【2019年03月13日(水曜日)】 

同日13時48分頃に、和歌山県と徳島県で震度4(震源地は紀伊水道でM5.2)の地震があった。


今回の地震は、フィリピン海プレート内部で起きた地震で、プレート境界で起きるとされる南海トラフ地震とは、直接は関係ないとされている。 


...しかし...専門家、京都大学の梅田康弘名誉教授によると... 


「南海地震が近付いてきますと、フィリピン海プレートの中、ユーラシアプレートの中、そういうところでの地震が増えてくるんですね。


そういう意味では(南海地震が)近づいているということですね」 とのこと。


 記事→『MBS NEWS』


0コメント

  • 1000 / 1000