強過ぎる正義感は、不幸を招くこともある

『正義=ヒーロー』と幼い頃から刷り込まれているので、『正義感』は良いイメージだろう。


...しかし...


正義感が強いのは、本当に、ヒーローばかりだろうか?


現実的には、そうとは限らない。『強過ぎる正義感を持つ、悪人も存在している』のだ。



強過ぎる正義感は、自分勝手な偏った思考を他人に押し付けたり、自分とは正反対の思考である他人を非難したり、いじめたり、殺そうとしたりなど、危険な心理状態へと繋がってしまったりもする。


正義感からの行為なので、悪いことをしているという自覚すら、なくなってしまっている場合もある。そうなると、何とも質の悪い、悪人となってしまうのだ。



歪んだ正義感を振りかざす悪人は、理性で感情をコントロール出来ていない証拠。


前頭葉に問題があるのだ。洗脳されやすく、利用されやすい状態ともいえる。


...よって...


『自分で不幸を招くこともある』傾向なのだ。

0コメント

  • 1000 / 1000