ローズクォーツ

クォーツ(石英)の仲間でピンク色の石。


透明度が高くなるほど石英から水晶に近付き、透明度の高いローズクォーツを『紅水晶』と呼ぶ。 


しばしば針状の含有物が含まれることがあり、星状にクロスした輝きを発することから『スターローズクォーツ』と呼ばれる。 


六角柱の形になっているローズクォーツは、稀にしか産出されず、大変に希少。  


日本でローズクォーツの人工合成の技術が確立され、現在『フラミンゴ・クォーツ』と呼ばれ市場に出回っている。 


ローズクォーツには、ヒビやクラックなどが目立つものが多いのが特徴。


オイルや樹脂などを浸透させ、その欠点を見えにくくする含浸処理が行われることがある。


また『裏面皮膜加工』と呼ばれる透過性スター効果を強調する技術がある。 


ピンク色が薄い石の場合、放射線を照射して黒色に着色し『ブラッククォーツ』を作り、これを加熱し黄色い水晶が作られることもある。 


 【語源】 

『アフロディーテに捧げられたバラ(ローズ)』が由来するといわれている。 別名『愛の石(ラブストーン)』『バラ石英』といわれる。 


 【神話】 

愛と美の女神『アフロディーテの石』とされている。 


アフロディーテはローマ神話で『ヴィーナス』と呼ばれ、海の泡から生まれたが、誕生の瞬間から成熟しきった女性の姿をしていた。 


アフロディーテの生み出す吐息に、透明なクリスタルが色づき、ローズクォーツが誕生したとされている。 


『スターローズクォーツ』は、おまじないや、占いなどに使われてきた歴史がある。 


古くから置物や彫刻材料、他に装飾品としても多く使われてきた。  


古代ローマでは、カメオやインタリオの細工を施した印章や装飾品など、広い範囲での使用されていたといわれている。


古代ローマやエジプトでは、美しさの秘薬として活用したと伝えられている。


 【石について】  

10月の誕生石。 


石言葉=『平和』『感情の支え』『愛の告白』『真実の愛』『真実の美』『永遠の愛』『美容』『自己肯定』『疲労回復』 


女性的なイメージの強い石だが、愛情運の面では、特に男性に強く作用する。愛する女性へのプレゼントの品として非常に人気。


女性が持つと、内面・外面ともに美しさが増し、柔らかでセクシーな魅力を引き出す。アクセサリーとして身に着ける際には、心臓あたりに下がるネックレスが最も効果的といわれている。


失恋や人間関係から生じた心の痛みを癒す作用があり、愛で溢れた気持ちを取り戻すよう、導くといわれている。


『恋愛成就の石』なので恋愛成就のお守り・女性らしさがほしい時に。

 

英名=Rose Quartz 

和名=紅石英 

硬度=7 

浄化方法=日光浴での色あせ注意、それ以外の浄化方法はOK 

産地=ブラジル・マダガスカル・モザンビーク・ナミビア・インド・イタリア・ドイツ・イギリス・アメリカ・スコットランド・アイルランド・ロシア 


(大量産出国はブラジル。最高品質はマダガスカル産)

0コメント

  • 1000 / 1000