前世のような夢


夢の内容


【2019年の現在から、20年程前に見た、とても印象的な夢です】


中東の何処かの国。私は少し金髪まじりの小さな女の子になっていました。宗教はユダヤ教です。 


ある日の夕方か、夜のこと。 母親と手を繋ぎ2人で歩いていました。手の感触も憶えています。 


その行く先には、小さめの船が、沢山ありました。母親は「船に乗らなければいけないの」と言っていました。 


海か大きな湖か分からないけれど、ちょうど船が国と国との真ん中あたりにきた時、金色の光が空から降ってきました。 


そして大きな波が発生し、多くの人達が溺れ、亡くなってしまいました。  多分その時に、母親は溺れ死にました。


私は運よく生きていて、他の国に辿り着いたようです。  


しかし、助かったのはよかったのだけれど、その国では残酷な戦争が起きていました。女性と子供も殺されるような戦争です。


私は、灰色っぽい古いお城にある、塔の最上階に、隔離されていました。 


一度だけ、母親を探しに行こうと脱出をしたら、赤色の混じる軍服を着た、兵士の男性に捕まりました。 


「外に出れば殺されるぞ、ここにいろ」と言われ、連れ戻されました。


その言葉で、兵士は悪い人ではなく、守ってくれていると感じました。


内緒で保護されていたのかもしれません。



 ...場面が変わり... 



緑の山と色とりどりの綺麗な花が咲く、平和な川辺の風景。


私は、そこに暮らすお爺さんに、養女として育てられました。


凄く物知りで、賢くて、ソクラテスやレオナルド・ダ・ヴィンチのような、白ヒゲが印象的なお爺さんです。


そのお爺さんは、突然、夢を見ている私自身に、金色の光が降ってきた出来事から戦争まで、色々と教えてきました。 


金色の光が降ってきた出来事は、現地の言葉で名前が付いていて、英語ではGold何とかという意味...現地では伝説になっているそうです。


お爺さんは、私の国の反対側の国から、その瞬間を見ていたらしいです。年代は〇〇〇年...忘れました。〇〇〇〇年ではないのは確かです。  


歴史に無知な私にとって、長くて意味不明だったので、この程度しか記憶に残らず...しかも肝心な年を忘れてしまいました。


『2』という数字があったような...ただ、これは西暦ではないと聞きました。現地の暦での年らしいです。 


そんな暦があるのかも知らないけれど...と調べてみたら...本当に、西暦以外にも色々とありました!   


当時の私は歴史など全く興味がなく、むしろ嫌いでしたし...お爺さんほど知識もないのに、どうしてこんな夢を見たのか、本当に謎でした。 


やけにリアルで恐ろしく、一生、忘れられない夢です。 


追記


●米作家アイザック・アシモフ氏による『ノアの箱舟に関する説』が似ています。一応その説を、ここに残しておきます。 


『大隕石が...六千年ほど前に...ペルシャ湾に落下したとしたら...どうだろう。


 ペルシャ湾は殆ど陸に囲まれており、落下の衝撃は水を壁のように押し上げて、北西のチグリス・ユーフラテス流域に流れこむであろう。 


それは超津波であり...流域の大部分を...洗い流してしまうだろう。洪水は住民にとっての「全世界」を押し流し、その行く所、数知れぬ人々を溺れさせたであろう』


黒海にも洪水伝説があるようです。 ペルシャ湾、黒海、カスピ海...あの辺の洪水伝説...歴史的背景も夢と近い気がします。 



 ●ペルシャについて、この夢と照らし合わせ、調べてみたら、面白いことが解りました。  


ペルシャには、エステルというユダヤ人(ユダヤ教)の王妃がいました。


エステルという名前は、ペルシャ語で『星』を意味します。エステルのヘブライ語名は『ハダサ』です。


エステルは、白い肌に『赤毛(赤毛なら金髪も混じる)』です。しかも『養女』です。生存していた年代も『紀元前○○○年』と3つです。  


『エステル記』には、ペルシャ王の后となった、ユダヤ人女性エステルの、知恵と活躍が描かれています。


こちら→『エステル(聖書)』


こちら→『エステル記』

エステルの養育者はモルデカイ。エステルのイトコです。私が夢で見たお爺さんと同じで、白い髭が印象的なお爺さんでした。


こちら→『モルデカイ』

0コメント

  • 1000 / 1000