青い顔の生首の夢


夢の内容


【2019年の現在から、20年程前に見た、とても印象的な夢です】


ボサボサの髪をした男性が現れました。


だいぶ青い顔をした生首なのですが、私に話かけてきました。 


まるで青鬼のよう...侍ではない...でも昔の人間には違いありませんでした。


生首は、悲しげで怒りが混じったような声で、こう言いました。


生首「先祖代々、呪っている」


 ...そして私は、こう答えました...


私「現代の私達には、関係のないことでしょ」


私は先祖らの戦で、殺された相手が夢に出てきたと思っていました。


...しかし...


それは私の誤解だったようです。



エミシ...安倍一族の先祖の1人と伝えられてる、アテルイ。


NHKでドラマ化されたのですが、そのドラマを見てみたら...似た言葉を放っている兄...もう1人の先祖役の台詞がありました。 


先祖役の台詞「呪ってやる。死んでも...お前らを呪い続けてやる」


その台詞の場面で、私は、この夢の青鬼のような生首を思い出しました。


同じエミシで、斬り首にされれば...皆、同じ気持ちで死んでいったはずです。あれは先祖の1人だったのです。 


だから青鬼のように...私が解りやすい状態で出てきたのでしょう。  


ちなみにアテルイも、最後は斬り首にされ、殺されてしまいます。 アテルイの母親が見る夢は、よく当たったようです。私も同じです。


代々、一族を守る為に遺伝したモノなのかもしれません。 


このような先祖らの歴史を知ると、本当に悔しくて仕方がないです。


故郷を追われて、斬り首にされ...どんなに悔しくて、無念だったことでしょうか。


その末裔達は、時代と共に敵である他民族と混ざり合い、複雑な血が流れています。 そういったことの宿命なのか...代々...何かしらで故郷を離れてもいます。


安東一族は、天災の津波で安東国(今の青森県)をやられ、その隙に、敵に追いやられてしまったそうです。


その流れである末裔の私も、東日本大震災と原発事故で、故郷を離れることになりました。 


 『けして忘れるな』


そう、私に伝えたかったのかもしれません。 



現代の東北人達は、スッカリ忘れてしまっています。エミシという東北縄文人が存在していたこと、そして古代東北の本当の歴史もです。調べようとも、知ろうともしていません。 


エミシを『鬼』とし、『悪者』扱いする東北人さえいます。それは朝廷側が古代東北の歴史を隠し、洗脳した結果です。 


エミシ...安倍(安東・安藤)一族の血が流れる、私の家系も例外ではありません。 


先祖は『海賊だった』『山賊だった』とか『馬引きだった』とか、そのような悪い、身分の低いイメージで伝えられています。


けして自慢できるような先祖ではなかったから、他人には言わない方がいいという感じです。 


ですから先祖を隠して生きた時代がありました。それは、そう遠くない過去の母方祖父の時代もそうだったのだと思います。


なぜなら母方祖父は、亡くなる前まで、身内にさえも、自分に安倍一族の血が流れていることを、隠していました。歴史的にも、本当の王族に繋がる、重要な謎の一族かもしれないのにですよ(汗)


確かに朝廷側に攻められた時は、山や川など自然を利用し戦いました。朝廷側に捕らえられ馬引きをさせられた者もいたでしょう。 間違いではありません。


しかし、肝心の大切な部分が伝えられていないのです。それは現代の天皇家にも関わることだからでしょう。どうやら私には、その真実を伝えていく必要があるようです。


ある先祖の1人は、こう予言めいたことを残していました。


『依て吾は外三郡誌を似て是を末代に遺し置きて流転の末代に...聖者顕れ是を怖れず世にいださむために記し置くも(の)なり』 


...意味...


『末代には、まどわず真実を見通す聖者が現れ、世間の非難を怖れず世の人々に公表する』


それを信じて残した遺書のような一文のようです。


まさに...現代の私になら可能ですし、既に、こうして公表しております(笑)


~追記~


生首「先祖代々、呪っている」 


 ...そして私は、こう答えました... 


 私「現代の私達には、関係のないことでしょ」 


↑ なぜ、この会話で、私が『私達』と言ったのか、後で解りました。 


主人の父方先祖は『安倍一族の親戚であり、敵でもあった、同じエミシのリーダー清原家』でした。


安倍一族の末裔である私が、安倍一族を滅ぼした清原家の末裔と、婚姻関係を結んでいたわけです。


それについても、この生首は、私に教えたかったのかもしれません。


確かに主人は、何かと、私からすれば疫病神です(笑)私は、主人の運を上げてるのですがね(汗)

0コメント

  • 1000 / 1000