【ルーツ】国宝 白水阿弥陀堂

幼い頃から、よく遊びに行っていた、福島県いわき市にある白水阿弥陀堂。

父方祖母が参拝している間、私は橋で鯉に餌をあげながら、待っていたものです。


まさか、その白水阿弥陀堂を、ルーツの記録として投稿することになるとは...


こちら→『国宝 白水阿弥陀堂』



白水阿弥陀堂は、1160年(永暦元年)に、徳姫(とくひめ)という女性が発願、建立されたと伝えられている御堂です。 


その徳姫が、先祖と関係のある人物でした。


奥州藤原初代当主、藤原清衡(ふじわらきよひら)の娘で(養女?血統としては源家の娘説があり不明)、岩城氏の祖である岩城則道(いわきのりみち)の妻でした。


藤原清衡には、私と同じく、安倍一族の血が流れています。父親が藤原経清(ふじわらのつねきよ)で、母親が安倍頼時(あべのよりとき)の娘、有加一乃末陪(ありかいちのまえ)です。


つまり私の先祖の1人。



2011年03月11日に発生した東日本大震災と原発事故後、埼玉県へ移住する前に、どうしても白水阿弥陀堂へ行きたくて、主人に連れて行ってもらいました。


当時の状況のせいもありますが、誰もいなくて、だいぶ寂しい感じがしたものです。


そういえば、その時、鯉が一匹、鳥に食べられてしまいました(汗)


衝撃でしたが、自然界での弱肉強食。「私も人間界で強くならねば」と心に決めたのでありました。

0コメント

  • 1000 / 1000