タイムスリップして昔の彼氏に会った夢

2020年05月28日に見た夢です。


非現実的な夢ですので、予知夢にはなりません。ただ面白かったので、ネタとして記録します。


夢の内容


私は高校時代に、タイムスリップしていました。


当時、付き合ってた彼氏と会い、あちこちデートをして、楽しんでいました。


しかし、彼氏の性格が違いました。何となく紳士的になっていたのです。それで見直しました。



実際の彼氏は、元々が悪さばかりしていたボスであり、スポーツ万能、スポーツ馬鹿なタイプです。


精神的に未熟で束縛的。やきもち焼きなくせに、浮気性な面もあるという...面倒くさい感じでした。



デートの最中、私は、こう言いました。


私「実はね。私、未来から来たんだ」


彼氏「未来?俺たち結婚したんだろ?」


私「・・・」



...心の中...



私「別れたわ!!


高校卒業後に結婚しようとか言ってたくせに、原因は、お前の浮気性な!!


ちょうどいいから、今ここで振ってやろうか♪」


(* ´艸`)


そうして夢の中で、振ってやろうとしていた時に、目が覚めました。



起床後


部屋の中で、ラップ音がなっていました(汗)


私「もしかして...死んじゃった?会いにきた?」


と、何だか不吉な感じがしました。



まとめ


お蔭様で、昔の彼氏について、色々と思い出しました。



綺麗な青春の思い出だけであればいいのですが...


実は私、高校時代から20代後半くらいまで、ストーカーによる気持ち悪い、悪戯電話に悩まされていました。


そのストーカーの声と、この彼氏の声、そっくりなのです(汗)



19歳から家は出ましたが、成人後にも、長いこと実家に電話がかかってきていまして、家族も知っていたくらいです。


父「しつこい野郎だな」


と、怒っていました。


...なので...


私「死んだって伝えて」


と、お願いしました。それが一番なのでね。


その後からは、かかってきていないそうなので、多分ストーカーにとって、私は死んだことになっていると思われます。



そのため、懐かしい思い出に浸る気持ちと、でも実は、気持ち悪いストーカーだったかもしれないという恐怖の気持ちと、入り乱れている...何とも複雑な心境で、目覚めた朝だったのでした(汗)

0コメント

  • 1000 / 1000