【ルーツ】『えびす様』と『仙台四郎』と『芳賀家』と『清原家』


エピソード


2011年03月11日に発生した東日本大震災そして原発事故以降...


私は『東北の豪族エミシのリーダー、安倍家の血が流れる子孫である』という事実から、「これ以上、東北の真実を消されたり、誤魔化されるわけにはいかない!」という気持ちもあり、『真実を記録する』という使命感に駆られるようになりました。


そして、エミシの血が流れていることを誇りに思うようにもなり、『古代東北、物部家・安倍家・安藤家・曽我家・奥州藤原家・清原家、エミシの謎』について探究し、私なりに解いて、ブログ記事にし発信してまいりました。(過去ブログの方が記事数は多いです)


そのようなことをしている東北人、ましてや子孫であると自覚できている東北人は、ネット上でも私くらいですので、孤独でございましたが...


(安倍総理大臣も含め、自称の子孫は結構いらっしゃいますが、証拠がなく、真実味に欠ける傾向なのでございます)


今年に入りAmebaブログにて、『日之本文書を検証されている福島県民』の方と、出逢うことができました。探究仲間ができたのでございます♪


私のブログへの掲載について、承諾が得られましたので、ご紹介させて頂きます。


kunitaro33さんです。

私は元々、歴史というのが嫌いですので...勿論、歴史に疎いのですが...


幸い脳そして特殊脳波の影響からか、寝て見る夢により、『謎を解くヒントを教えてもらえる』という、不思議で便利なことがございまして...そこからリサーチしたり、関係していそうな本を読み、これまで自分なりに謎を解いてまいりました。


そのため歴史的な文書については、サッと読んだ程度ですので、何となくは解るけれど、細かい内容までは理解できておりません。


ですから歴史的な文書に強い、kunitaro33さんとの出逢いは、かなり私としても助かりますし、勉強になる内容ばかりでございます。


東北の歴史、エミシに興味のある方は、ぜひkunitaro33さんのブログも読んでみて下さい。


さて、今回kunitaro33さんとやり取りする中で、なんと、面白いことに『えびす様』『仙台四郎』『芳賀家』『清原家』この4つが繋がりましたので、こちらに記しておきます。



えびす様について


詳しい内容は、Kunitaro33さんのブログにて、記事にされておりますので、そちらをお読み下さい。


...ついでに...


お決まりのWikipediaもどうぞ(笑)



仙台四郎について


えびす様の内容から、Kunitaro33さんとやり取りをする中で、『仙台の商売の神様、仙台四郎』という方が、実在していたということを知りました。


初めて知りましたので、リサーチしてみましたら、驚きました。


えびす様そっくり!


...そして...


本名が『芳賀(はが)』!

芳賀は、主人の名字でございます。当然、現在の私の名字でもございます。


...つまり...


仙台四郎さんは、主人のご先祖様の1人かと思われます(笑)

私が知る、芳賀家の男性の顔の特徴としては、『たれ目』『鼻は高めで横にも広い肉厚な団子鼻』なのですが、仙台四郎さんの顔の特徴も当てはまりますね。


福島県、会津藩藩士の芳賀家に生まれた、日本の陸軍軍医で、日本へのレントゲン技術の導入に貢献した、芳賀栄次郎さんという方がいらっしゃるのですが、その方の顔を見ると、とても分かりやすいです。


なぜなら主人が、この方にそっくりな顔だからです。絶対に、近い先祖かと思われます。

主人の両親は離婚をしたため、私達夫婦は芳賀家とは、全く関わりがございません。


そのため福島県いわき市に存在する主人の父親の芳賀家、そこから繋がる親戚や先祖に関しては、全く分からない状態でございます。


その芳賀家は、石屋や庭師などをしており、山の方に暮らす地主さんであることだけは知っており、一度だけ芳賀家の墓参りへ行かせて頂きました。主人の父親が亡くなったという知らせを受けましたので...立派なお墓でございました。


家紋は確か『丸に三つ引き』で、調べましたら『武士』の典型的な家紋らしいです。



芳賀家について、ネット上で拾った情報としては、『由緒ある家柄』『菅原道真の末裔』『ルーツはイスラエル』『超能力が使えた家系』と...


安倍家や曽我家と共通する、中東ルーツ情報も発見致しました。



芳賀家について


芳賀という名字は、東北の福島県に多い名字なのですが、元は『関東の栃木県の出』でございます。


関東では他に、埼玉県や東京都に、結構いらっしゃいますね。


芳賀は、古語で『草木がなく、はげた所』を意味しており、『荒れ地を開墾した方が名乗った』そうでございます。また、芳賀は美称であり『良い土地』という意味があるようでございます。

こちらのWikipediaにも記載されてある通り、芳賀家の本姓は『清原家』でございます。



清原家について


清原家といえば『安倍家の親戚』であり、安倍家と同様に『エミシのリーダー』でありましたが、『安倍家を滅ぼした家』でもございます。


あの『夷を以て夷を制す』=『異民族同士を争わせ、自国の安全と利益を図ろうとする政策』で、安倍家を滅ぼすために、利用された家ということでございますね。

安倍家については、エミシの血が流れている家系として有名でございますが、清原家については『エミシ説』『エミシではない説』というのがあるようでございます。


...しかし...


安倍家とは親戚ですので...そこから考えれば、エミシの家系ともいえるでしょう。


...要するに...


私と主人の先祖は、『親戚同士であり敵同士』なのでございます。


...ちなみに...


主人は『福の神』どころか、私にとって『疫病神』でございます。


どうにかして下さい。えびす様、仙台四郎さん(笑)

0コメント

  • 1000 / 1000