天才とは何か

天才について、偉人による名言、ことわざ、私の言葉を記しておきます。


偉人による名言


【天才とは、1%のひらめきと99%の汗(努力)である】


トーマス・エジソン。



【天才とは、努力する凡才のことである】


アルベルト・アインシュタイン。



ことわざ


【才余りありて識足らず】


才気はあり余るほどあるが、見識が足りないということ。才人の自己過信を戒めるときにも用いる。



【才子才に倒れる】


優れた才知を持っている人は、自己過信に陥り、かえって失敗するものだということ。



【才子多病】 


才子は病気がちであるということ。病気がちの人を慰める言葉でもある。



【才子短命】


才能の優れた者や、美貌の持主の生命力の弱さをいった言葉。



【十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人】


幼少時代は並外れて優れているように見えても、多くは成長するにつれて、平凡な人になってしまうことのたとえ。



レラの言葉


【天才とは、幼少期から努力を積み重ね、周囲の人達に認められた結果、呼ばれる肩書きである】


天才脳で、素晴らしい才能を持っていても、幼少期から努力を積み重ねていなければ、周囲の人達に認められるようにはなりません。只の平凡な人間となってしまいます。


そうなりますと当然、天才とも呼ばれません。


つまり、天才と決めるのは、周囲の人達なのでございます。

0コメント

  • 1000 / 1000